FC2ブログ

派遣を解禁して派遣会社の会長になるってどんな心理?

さすがにこれには参りましたね。

以前、金融大臣などをやりながら派遣を解禁した人が派遣会社の会長に就任しましたね。
会長と言っても代表権は持っていませんけど、民主党が政権を獲得したら派遣会社には
逆風になりますから、その盾となるのだろうと言うのが世間一般な見解のようです。

ここまで恥も外聞もない人って始めて見ましたねぇ。
ニュースのコメント欄でも2chでもほぼ100%同じことを言っていますし。

これでは官僚の天下りなんか幼児のママゴトに見えてしまいます。

それにこの人って住民税を払わない為に毎年日米間で住所を変更しているようですねぇ。
つまり、日本は毎年1月1日時点の住所で住民税が課税されるのを避けているということです。
米国で住民税がどうなっているかは分かりませんが、せっかく手間隙掛けて住所変更しているわけですから
米国の方が有利なんでしょうねぇ。

こんな人ならば、何か事件が起きても驚かないです。

スポンサーサイト



テーマ : ふざけたニュース
ジャンル : ニュース

自動車会社の赤字って

日本を代表する某自動車会社の大幅赤字だって、赤字に比例した苦しみがあるのでしょうか?
気づいている方も多いと思いますが、日本を代表する某自動車会社ほどの世界的企業であれば売り上げも仕入れもドルで決済するので、新聞報道のような苦しみは無いと思いますけど。

この赤字は日本の会計上、円に換算して赤字になっているだけで実態は新聞報道のようなことは無いと思います。
もちろん、昨今の世界同時不況により売り上げが減少していることは否定しません。

性善説での会社経営

私は先日、某集合住宅の管理人さんと世間話をしてきました。

管理人と言えば、住宅の掃除をしたり住人からの苦情を受け付けたり、住人の相談に乗ったり、各種申請書を作成したりもあるようです。

管理人は定年退職した方が多く、色々な人生経験があって面白い話をいろいろと聞いてきました。

世間話の内容は、最近の派遣切りに始まって正社員のリストラなどについてです。

その管理人さん曰く、昔は大企業だけで無く中小企業でも本人が望めば定年まで働けたとのことで、昨今の安易なリストラの先鞭をつけたのは某パイオニアでそれ以降、優秀な社員の入社が少なくなってきたとおっしゃっていました。

中小企業でも定年まで働けたと言うことについては、個人的には疑問符がつきますが今ほど簡単なリストラはなかったということでしょう。



さて、ここで戦後日本の経済発展の源泉は何だと思いますか?


私は会社と従業員の信頼関係を基盤とし、従業員自身が将来を展望できたからではないでしょうか?
つまり、将来の自分自身を容易に予想できたからこそ、安心して仕事に邁進できて企業業績がアップしてきたのだと思います。この信頼関係も国自体が海に囲まれている日本の特性がかなり影響していることも否定できないでしょう。

しかし、昨今の業績悪化に伴い安易にリストラを行うようになって従業員は会社を信用しなくなりました。従業員はいつリストラされるかビクビクしながらでは能力以上の力が発揮できません。それと合わせて会社側も従業員に対して雇用責任や思いやりも放棄してしまいました。

あなたの親友との関係を思い出してください。親友には労力を惜しまず、何かお願いされたら最大限の努力をしますよね。

しかし、会社とはもうこのような信頼関係がなくなってしまったので従業員もやはり最大限の努力をしなくなってしまいました。会社の言い分は会社を守るためなどと言っていますが、安易にリストラすれば短期的には業績が持ち直すかもしれませんが、残った従業員が最大限の力を発揮できない会社になっては競争力は低下、いずれ淘汰されるのだろうと思います。

では、単に競争力が低下して特定の企業が淘汰されるだけでしょうか?
短期的に見ればその時点で相対的に強い会社が勝つだけで、長期的には絶対的な競争力としての平均値は低下、ひいては日本全体の競争力が低下して発展途上国との競争に突入することになってしまいます。現時点で特定の業種によっては発展途上国との競争に突入、または既に敗北していることもあることから容易に想像できると思います。



あと、最近の雇用調整についてみなさんも以下のような論があるのをご存知でしょう。

「今の日本は解雇が非常に難しい。これを簡単に解雇できるように法整備すれば、雇用の流動化が進んで例え職を失っても次の職が容易に見つかる環境に変えたほうが良い。」

これについて、何となく正しいような錯覚がありますけど・・・
私は断じて反対です。

それは今までに説明してきたように、会社と従業員の信頼関係を否定しているからです。信頼関係がなければ競争力は維持できません。唯一の競争力は低価格だなんてまさに発展途上国との競争に身を投じていくようなものです。そうすれば幾ら雇用があっても賃金はどんどん低下する一方ですよね。まさに原始時代へ逆行することを意味しています。

本来の競争力とはより良い製品やサービスを提供することですよね。これによってレベルの底上げを行ってめぐりめぐって発展途上国の生活向上に寄与し、世界みんながハッピーになれるのではないでしょうか?

みんなが発展しながらの前向きな競争と、縮退しながらの後ろ向きな競争の優劣は明らかです。

参考
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090510-00000001-president-bus_all

ほぼ無料での住宅提供

ここまで経済が停滞すると、もうどうにもなりませんね。

仮に不況を脱しても、過去のような好況は訪れないような気がします。

先日、厚生労働省が発表したことですが、

非正規労働者を対象に、保証人不要で半年間家賃を貸し付けること。
生活再建のための一時金として最高100万円借りることができる。


これには賛否両論があると思いますが、私は賛成です。

少なくとも日本では、家の値段が高すぎます。
家を借りても、家を買っても、とにかく高すぎます。

この住む家を国民が望めば、誰でも安価にて提供できるようにすれば
僅かな時給のバイトでだって充分暮らしていけます。
これをセーフティーネットにするのです。

・・・で誰が作るの?そのお金は?
当然の疑問ですね。



それは、ちょっと前に話題になった東シナ海の天然資源を利用するのです。




しかし、いまの技術では採取するのが非常に難しく、
この天然資源を採取するための研究開発の予算は非常に限られています。

なので、不況対策でバラ撒かれて予算の一部を流用し、この予算を一気に増加させます。
日本の掘削技術を向上して天然資源の採取コストを下げて商用利用を可能にする。

そして、それを輸出すれば日本はエネルギー輸入大国からエネルギー輸出大国になるのです。

その輸出で得たお金で誰もが住める住宅を建造する。
もちろん、共同シャワーで充分でしょう。
あくまでも、ホームレスよりはマシな程度で良いと思います。
これで最低限のセーフティーネットが出来ます。

100年コンクリートにすれば、長期間利用できますし。




高度成長期は既に終わりました。
江戸時代のようにGDP的に安定的な時代を考えるべきです。


今の高齢者が持っている資産は、その孫の世代でなくなると思います。

いまの若い人の中には、親の資産をセーフティーネットとして
大胆な行動により資産を築く人がいるでしょうが、
それすら、できない人が今の非正規労働者、特にフリーターと言われる人達です。
運が悪く、立ち回りが悪く、就職氷河期に就職できなかった人達ですね。



お約束の自己責任論を振りかざす場合ではありません。

もう誰にだって、失業は目前に迫っています。


全てとは言いませんが、貧困は遺伝するのです。
今の時代は昔のように努力しただけでは報われなくなっています。

貧富の差は固定化し、貧困家庭に育ったら
努力することすら親から教育されませんし、
努力する環境すら、その親に剥奪されますので。

ここで世界に目を向けると、GDPでは日本の足元にも及ばない国なのに
国民が幸せに暮らしている国があります。

日本が今持っているカード、東シナ海の天然資源、日本の技術を利用すれば
国民が幸せに暮らしていける国に日本もなるのではないでしょうか?

他にも色々なカードがあるはずです。
それらを利用して、安寧な国家にしていきませんか?

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

あなたが日本を変えるには?

ちょっと面白い記事がありました。

その記事を要約すると、

受験勉強するやる気、ダイエットするやる気、彼氏彼女をゲットするやる気など
やる気はとても重要です。

でも多くの人はこのやる気を出せなくて苦労しています。
やる気を出すボタンがあればどれだけ便利なのかと思うのは私だけないはずです。

でもなんとこの記事には、「やる気ボタン」があると言っています。
やっと見つけたやる気ボタンに小躍りしてしまいますね。
そしてそのボタンは4つもあるとのこと。

・やる気ボタン1号.
体を動かす。脳が体を動かすにではなく、動くことで更に体を動かすボタンを押せます。自宅では勉強しないけど、学校に行って無理に勉強し始めると、勉強が加速することで説明できると思います。

・やる気ボタン2号.
いつもと違うことをする。例えば、朝に駅までの経路を変えるとか。嫌いなものをあえて食べるとか。

・やる気ボタン3号.
自分へのご褒美。これも最近では有名な言葉ですね。しかし、バッグとぁブランド服などでは無く、
達成感と言う、ご褒美が最強だと言っています。

・やる気ボタン4号.
あなたが望んでいる人になりきる。分かりづらいのでちょっと補足すると、あなたが望んでいる人になったときのことを常に考える。絶対に望んでいる人になったときのことを常に考えるということだと思います。

言われて見れば当然のことですが、自分を思い通りにできるような人は、
このようなことを理解して実践しているか無意識に実践しているのだと思います。

1時間で良いので、あなたが日本の首相であると念じてください。
いまの不況を建て直す必要があります。
でも、そもそも経済が分からないとその立て直す術すら思い浮かべませんよね。
では経済をWEBで検索します。すると、いろんな経済理論の存在を知ります。
そして、経済学とは歴史であることを知ることになるはずです。

さてどうですか?
経済学とは歴史であると言うことをあなたは友人との会話で、お話したことがありますか?
たったこれだけでもあなたには貴重が知恵が付いたことになります。
学生時代に無意味だと思っていた歴史が実は重要だったということに。

この記事では、「脳をだます」と言っています。

あなたもだまされたと実践してみてください。
実践しても損はしないですから。そしてうまくいったらあなたの貴重な無形の財産になると思います。

参考
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090413-00000301-president-bus_all
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード